【スバル レガシィの本質を探る!】その3 唯一無二の国産プレミアムスポーツセダン…河口まなぶ

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル レガシィの本質を探る!】その3 唯一無二の国産プレミアムスポーツセダン…河口まなぶ
  • 【スバル レガシィの本質を探る!】その3 唯一無二の国産プレミアムスポーツセダン…河口まなぶ
  • 【スバル レガシィの本質を探る!】その3 唯一無二の国産プレミアムスポーツセダン…河口まなぶ
  • 【スバル レガシィの本質を探る!】その3 唯一無二の国産プレミアムスポーツセダン…河口まなぶ
  • 【スバル レガシィの本質を探る!】その3 唯一無二の国産プレミアムスポーツセダン…河口まなぶ
  • 【スバル レガシィの本質を探る!】その3 唯一無二の国産プレミアムスポーツセダン…河口まなぶ
  • 【スバル レガシィの本質を探る!】その3 唯一無二の国産プレミアムスポーツセダン…河口まなぶ
走りを楽しめるクルマは多く存在するが、さらに走りを存分に味わえるクルマとなると、とくに国産車では皆無というのが現状だ。

なぜなら、いわゆるスポーツセダンは走りにおける刺激が強すぎて、それをじっくりと味わう領域にまでは達していないものが多い。いっぽうプレミアムセダンといわれるものは快適性を作り上げることに注力しすぎて、逆にスポーツ性を失いすぎた鈍な走りのものが多すぎる。

輸入車の場合を見ても、そうしたクルマは多いが、価格の高さはいうまでもなく、さらにMTを備えるモデルとなると皆無というのが現状だ。

そんな中にあって、スバル『レガシィ』B4の3.0R スペックBは貴重な存在である。

まず3リッターのフラット6は、高い定評を持つ輸入車の同クラスエンジンと比べても、同等以上の存在感を発揮する。フラット4よりもさらに滑らかな回転感はまさに至高の感覚で、ほかでは絶対に味わえぬ素晴らしいフィーリングを持つ。さらにこれを6速MTで味わえる点は輸入車にもないアドバンテージ。大排気量で滑らかな感触の独自形式ユニットを、MTを駆使しして、その回転フィール味わうというのは、唯一無二の感覚だといっていい。

さらにダイナミクスの作り込みも見事で、そうした大排気量ユニットを搭載しながらもじつにスポーツ性の高い身のこなしを実現している。AWDが確実な駆動力と安定性を実現するために、シャシーのセッティングは積極的なハンドリングを味わえる仕立てになっていて、同時に積極的に追い込んで走らせたときの快適な部分も決して忘れていない。

だから3.0R スペックBは、街なかを流すだけでも豊かな感触を味わえ、さらに高速道路ではその感触が増していき、ワインディングでは存分に確かな走りを堪能できるレベルまでを引き出すことができる。

つまりそれは、全域で走りを味わえるものとして作り込まれているのである。大人がじっくりと走りの情感を味わい尽くすことのできるモデル…これぞほかにはないレガシィの特徴。まさに唯一無二のプレミアムスポーツセダンといわれる所以である。(つづく)
《河口まなぶ》

編集部おすすめのニュース

特集