スバル、水平対向2リットルディーゼルを開発

自動車 ニューモデル 新型車

富士重工業は18日、環境対応の一環としてディーゼルエンジンの開発を進めていることを明らかにした。同社スバルの得意とする水平対向エンジンをベースにターボを組み合わせたエンジンとする。

排気量は、スバルの主力車種に展開できる2リットル級で進めている。ディーゼルエンジンは通常、振動や騒音の対策が必要となるが、試作機では「水平対向の利点が想定以上に振動や騒音の抑制に効いている」(技術担当の土屋孝夫専務)という。

商品化の時期は未定。土屋専務は「クリーンディーゼルは欧州市場だけでなく、今後、北米や日本でも注目される」と述べ、パワートレインとして欠かせないとの認識を示した。

《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース