【レクサス日本始動】渡辺社長、「感動の時間」という価値

自動車 ビジネス 企業動向

【レクサス日本始動】渡辺社長、「感動の時間」という価値
  • 【レクサス日本始動】渡辺社長、「感動の時間」という価値
  • 【レクサス日本始動】渡辺社長、「感動の時間」という価値
トヨタ自動車の渡辺捷昭社長は26日の「レクサス」の扱い車種発表会見で「感動の時間という価値をご提供することがレクサスの高級の本質の追求になる」とアピールした。

レクサスはブランドの理念として「高級の本質の追求」を掲げている。渡辺社長は、レクサスとともに過ごす時間が「ときめきとやすらぎに満ちた最高の時間」となるよう、開発から生産・販売の全ての面で「妥協せずに取り組む」と強調した。

渡辺社長にとっては、就任以来初めての新モデル発表会見となったが、スピーチは「愚直に」といった“渡辺フレーズ”も随所に盛り込まれた内容となった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集