フォード、ラリーフィンランドに地元出身ドライバー起用

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

フォード、ラリーフィンランドに地元出身ドライバー起用
  • フォード、ラリーフィンランドに地元出身ドライバー起用
フォード・モーターは、8月4日からの2005年FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリー・フィンランドのチーム・ドライバーに、ミッコ・ヒルボネン/ヤルモ・レーティネン組を起用すると発表した。

BP-フォード・ワールド・ラリー・チームのトニ・ガルデマイスター/ヤッケ・ホンカネン組とともに、フォード「フォーカスRS WRC」をドライブし、マニファクチャラーズ・ポイント獲得を狙う。

今回の起用は、6月にギリシアで行なわれたラリー・アクロポリスでヒルボネンが03モデルのマシンでレグ1から上位を快走し、そのペースを維持したまま5位だったことを評価した。

ヒルボネンは、ラリー・フィンランドの拠点となるイバスキラ在住。2003年FIA世界ラリー選手権では、全14戦をワークス・サポートのフォード・フォーカスRS WRCで出走した。

これまでフォードのチーム・ドライバーとしての最高成績は、キプロスでの6位入賞で、フォードの52戦連続ポイント獲得という記録の更新に貢献している。 

BP-フォード・チーム・ディレクターのマルコム・ウィルソンは「今回ヒルボネンの起用を決定したのは、彼がフィンランドで生まれ育ち、道を熟知していることと、そして彼の走りの速さが合致したから」とコメントしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集