Xbox 360「保護者による設定」機能

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

Xbox 360「保護者による設定」機能
  • Xbox 360「保護者による設定」機能
マイクロソフトは21日、次世代家庭用ゲーム機『Xbox 360』に、ゲームのコンテンツの内容に応じてユーザーのアクセス制限を設定できる、「保護者による設定」機能(英語名:FamilySettings)を導入すると、発表した。

コンテンツの安全性を重視し、さらに適切なコンテンツにアクセスできる環境を提供するためという。ゲームソフトやDVD映像だけでなく、オンラインゲームサービス「Xbox Live」へのアクセスを含む、Xbox 360向けコンテンツに、「保護者による設定」機能を標準で搭載する。

1:特定非営利活動法人コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)のレーティング制度に準拠したゲームソフトへのアクセス制限---CERO年齢区分に基づくアクセス制限。

2:DVDビデオレーティング---8段階の視聴制限機能を実装。将来、日本でDVDビデオコンテンツのレーティングが導入された場合に対応可能。

3:Xbox Liveへのアクセス制限---子供の Xbox Liveメンバーシップに関する保護者による設定を管理。 フレンド登録、オンラインコミュニケーション、コンテンツのダウンロードなどに関するアクセスを制限する。

Xbox 360は2005年の年末に北米、ヨーロッパ、そして日本で発売される。ネットへの常時接続とパーソナライズ、そしてハイビジョン映像が特徴。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集