【インプレ'05】河村康彦 マツダ『プレマシー』 典型的なミニバンスタイルは是か非か

試乗記 国産車

【インプレ'05】河村康彦 マツダ『プレマシー』 典型的なミニバンスタイルは是か非か
  • 【インプレ'05】河村康彦 マツダ『プレマシー』 典型的なミニバンスタイルは是か非か
「ミニバンにはあらず!」と自ら訴えた初代モデルの崇高な(?)コンセプトはあえなく撤回。今度は「ミニバンらしいミニバンを作りたい」という思いの上に生みだされたのが、今度の『プレマシー』という。

もっとも、そうはいってもこの期に及んでの“あと出し”を目論むのであれば、「もう少し個性的なスタイリングを目指すべきだったのでは…」と感じるのはボクだけか? どのアングルから眺めてみても、その姿はもはやちょっと見飽きた光景のように映ってしまう。

売り物のシートは、2列目センター席をあくまで緊急用と割り切ってその部分を左右席内に収納できるようにしたことがミソ。なるほど、普段はまず使う機会のないこの部分を消し去ることができるようにしたのはアイディアだ。

フットワークはマツダ車らしい機敏さが売りだが、場面によってはちょっと過敏な印象も。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集