【F1イギリスGP】サーキットデータ…変わりやすいブリティッシュウェザー

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【F1イギリスGP】サーキットデータ…変わりやすいブリティッシュウェザー
  • 【F1イギリスGP】サーキットデータ…変わりやすいブリティッシュウェザー
  • 【F1イギリスGP】サーキットデータ…変わりやすいブリティッシュウェザー
  • 【F1イギリスGP】サーキットデータ…変わりやすいブリティッシュウェザー
  • 【F1イギリスGP】サーキットデータ…変わりやすいブリティッシュウェザー
1950年にF1が産声を上げたこのシルバーストーンは、第2次世界大戦の飛行場跡に建設されたサーキット。改修により現在ではだいぶ抑えられたが、今でも屈指の高速サーキット。

変わりやすいブリティッシュウェザーが毎年のようにレースに大きな影響を及ぼしている。

マクラーレン、B・A・R・ホンダ、ウィリアムズを始めとし、イギリスに本拠地を置くチームやメーカーが多いことからイギリスGPは毎年熱気に溢れている。

イギリスGPサーキットデータ
シルバーストーン・サーキット
5.141km×60周=308.355km
●日本との時差:−8時間
●コースレコード:1分18秒233
キミ・ライコネン(マクラーレン/2004)
●決勝ベストラップ:1分18秒739
ミハエル・シューマッハ(フェラーリ/2003)
●ポールポジション
キミ・ライコネン(1分18秒223/マクラーレン)
●2004年結果
1位:ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)
2位:キミ・ライコネン(マクラーレン)
3位:ルーベンス・バリケロ(フェラーリ)
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集