FIAが2008年レギュレーション案を提示

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

FIAは4日、2008年以降のテクニカルレギュレーション案(草案)を明らかにした。全59ページに渡る書類は先週パリでのFIA会議で承認を受けたばかりのもの。

この草案の中にはタイヤメーカーを1社に限定することや、カーボンファイバー製サスペンションの廃止、2005年アメリカGP騒動の再発を防ぐために緊急のタイヤスペック承認権をスチュワードに与えること、B・A・R・ホンダが問題提起した燃料タンクなどについても細かく規定されている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集