【F1カナダGP】サーキットデータ…エンジンパワーとブレーキ性能がモノを言う

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【F1カナダGP】サーキットデータ…エンジンパワーとブレーキ性能がモノを言う
  • 【F1カナダGP】サーキットデータ…エンジンパワーとブレーキ性能がモノを言う
  • 【F1カナダGP】サーキットデータ…エンジンパワーとブレーキ性能がモノを言う
  • 【F1カナダGP】サーキットデータ…エンジンパワーとブレーキ性能がモノを言う
  • 【F1カナダGP】サーキットデータ…エンジンパワーとブレーキ性能がモノを言う
  • 【F1カナダGP】サーキットデータ…エンジンパワーとブレーキ性能がモノを言う
モントリオール市内にある人工島を利用して行われる半ストリートサーキット。カナダが生んだ小さな巨人、ジル・ビルヌーブの名前のついたサーキットは緑も豊富で、景観も美しい。

注目は2年ぶりに母国GPに復帰するザウバーのジャック・ビルヌーブ。

高速ストレートを擁し、エンジンパワーとブレーキ性能がモノを言う。新たに舗装された新路面が今年のタイヤルールにどう適合するか。興味深い。

ジル・ビルヌーブ・サーキット
4.361km×70周=305.270km
●日本との時差:−13時間
●コースレコード:1分12秒275
ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ/2004)
●決勝ベストラップ:1分13秒622
ルーベンス・バリケロ(フェラーリ/2004)
●ポールポジション
ラルフ・シューマッハ(1分12秒275/ウィリアムズ)
●2004年結果
1位ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)
2位ルーベンス・バリケロ(フェラーリ)
3位ジェンソン・バトン(B・A・R・ホンダ)
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集