S&P、フォードの長期債の格付けを引き下げへ

自動車 ビジネス 企業動向
S&P、フォードの長期債の格付けを引き下げへ
  • S&P、フォードの長期債の格付けを引き下げへ
米国の格付け機関のスタンダード・アンド・プアーズは、米国フォード・モーターの長期債の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に引き下げたと発表した。

フォードが、2005年12月期の業績見通しを下方修正したため。フォードの金融子会のフォード・クレジットの長期債格付けもネガティブに引き下げた。

フォードの格付けはすでに投資基準として最低レベルのBBBで、今後格付けを引き下げた場合、投機的格付けのジャンク債となる。

すでに、GMがフォードと同様に、格付けが引き下げられており、米国自動車メーカーの経営不振が目立っている。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース