パナソニックが中国のカーナビ市場へ参入

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
松下電器産業のパナソニック・オートモーティブシステムズは、中国市場向けにカーナビゲーションシステム『CN-D100H』を発売すると発表した。同社が中国でカーナビを発売するのは初めて。

中国でのネーミングも日本で2003年7月から展開している『Strada』(ストラーダ)を採用する。

自動車市場が年々拡大している中国市場では、カーナビの注目も高まっている。新製品は業界で初めて目的地に誘導する音声案内が北京語と広東語の両方に対応し、中国内の幅広いユーザーに提案していく。

また、システムアップとしてはすでに使用しているカーテレビを新製品のモニターとして使用が可能で、同社のインダッシュモニターと組み合わせるとRGB接続で地図情報などを鮮明に表示することも可能だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ケンウッド、カーナビの開発体制を強化 画像 ケンウッド、カーナビの開発体制を強化
  • クラリオン、カイエンに採用でポルシェ全車種に設定 画像 クラリオン、カイエンに採用でポルシェ全車種に設定
  • 【ストラーダ HDS930長期リポート その7】わかりやすいHMIはナビ初心者にも対応 画像 【ストラーダ HDS930長期リポート その7】わかりやすいHMIはナビ初心者にも対応
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース