【ニューヨークモーターショー05】レクサス IS、300馬力超

自動車 ニューモデル モーターショー

【ニューヨークモーターショー05】レクサス IS、300馬力超
  • 【ニューヨークモーターショー05】レクサス IS、300馬力超
  • 【ニューヨークモーターショー05】レクサス IS、300馬力超
  • 【ニューヨークモーターショー05】レクサス IS、300馬力超
  • 【ニューヨークモーターショー05】レクサス IS、300馬力超
先のジュネーブで発表されたレクサス『IS』の北米仕様がニューヨークモーターショーに登場した。ここニューヨークでは新たに3.5リットルエンジンを搭載する「IS350」がお披露目となった。ISは、日本ではトヨタ『アルテッツァ』の後継。

ヨーロッパ仕様が2.5リットルV6のガソリンと新開発ディーゼルという2本立てエンジン構成なのに対し、日本とアメリカではガソリンエンジンのみ。しかし排気量では、ヨーロッパ版と共通の2.5リットルモデルとともに、3.5リットルモデルが設定される。

ISに初搭載される3.5リットルV6エンジンは、300馬力オーバーとだけしかアナウンスされなかったが、これはアメリカでの馬力計測方法に伴い、正確な数字が現段階で確定していないため。

いずれにせよ日米どちらのモデルも300馬力を超えるのは確実で、最終的には310−320馬力の数字に落ち着く見込み、0-60マイル/h(96km/h)加速は5秒台後半の俊足ぶりだ。

ハイパフォーマンスエンジンでありながらも10モード燃費は、10.5から10.6km/リットルと2.0リットル4気筒エンジン並みの燃費。定評あるハイブリッドシステムは使用していないが、高い水準を誇るトヨタの“環境技術”が発揮されている。
《ケニー中嶋》

編集部おすすめのニュース

特集