レッドブル・ホンダ?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
オーストラリアGPで予想以上の健闘を見せ、幸先の良いスタートを切った新生レッドブル・レーシング。今シーズン使用のフォード・コスワース「TJ2005」エンジンが力強いパフォーマンスを見せるなか、2006年のエンジン提供を目指しホンダと協議中であるという噂が浮上している。

ホンダF1プロジェクト・リーダーの木内健夫氏によると、2006年ホンダがセカンドエンジンを供給するのはほぼ確実とのこと。

レッドブル側も大手自動車メーカーとの協力体制を求めているという。すでにトヨタがジョーダンのエンジンサプライヤーを務めているほか、BMWがザウバーにエンジン供給するとの見方も強く、ホンダとレッドブルとの契約が成立すれば、フェラーリを除く大手メーカーで構成されるGPWCへ追い風となる。

今後もGPWC対FIA&フェラーリ&エクレストン連合の戦いの行方に注目が集まる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【ホンダF1】BAR、レギュレーションの抜け穴を突く 画像 【ホンダF1】BAR、レギュレーションの抜け穴を突く
  • 【ホンダF1】レギュレーション変更はコスト削減にならない 画像 【ホンダF1】レギュレーション変更はコスト削減にならない
  • 【IRL】ホンダ…まず開幕戦を勝ちでスタートしたい 画像 【IRL】ホンダ…まず開幕戦を勝ちでスタートしたい
  • BMW、2006年ザウバーにエンジン供給へ 画像 BMW、2006年ザウバーにエンジン供給へ

特集