【インプレ'04】津々見友彦 日産『ティーダ』安心できるカタチと走り

試乗記 国産車
【インプレ'04】津々見友彦 日産『ティーダ』安心できるカタチと走り
  • 【インプレ'04】津々見友彦 日産『ティーダ』安心できるカタチと走り
端正さとモダーンさをミックスしたほどよいスタイリングには安心感がある。

コンパクトハッチながらインテリアはリッチな雰囲気で、大型のシートはフロント、リヤともにゆったりと座れ、なかなかに快適だ。とくにリヤシートはスライドさせると広々とした空間をもち、豊かな気持ちにさせてくれる。

また、ハンドリングがよいのも特長。無駄がなく、正確な操縦性はシャシー剛性の高さを感じさせ、安心感が高く疲れ知らず。

1.5リッターエンジンの動力性能は、0-400m加速で18秒台の雰囲気で大人しいが、必要じゅうぶんだ。

乗り心地もマイルドで、エンジンサウンドもよく抑えている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。
《津々見友彦》
【画像】【インプレ'04】津々見友彦 日産『ティーダ』安心できるカタチと走り(1枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース