ケンウッド、iPod 対応のカーオーディオレシーバー発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ケンウッド、iPod 対応のカーオーディオレシーバー発売
  • ケンウッド、iPod 対応のカーオーディオレシーバー発売
  • ケンウッド、iPod 対応のカーオーディオレシーバー発売
ケンウッドはアップル『iPod』インターフェイスユニットとの接続でiPodの集中操作・高音質再生を実現する1DINカーオーディオレシーバーの『シリーズL』を2月上旬から3月上旬にかけて発売する。

シリーズLは1DINカーオーディオレシーバー2005年モデル第2弾で、『シリーズE』の質感を高めた。独立中点回路などによって高音質再生能力と8階調64色カラーFL表示管の採用による高いデザイン性が特長としている。

iPodインターフェースユニットの『KCA-iP500』との接続で、『L707』、『L707MD』によるiPodの集中操作・日本語表示が、シリーズLの搭載する高音質技術にも連動するため、iPodの機能と音質をクルマで使いこなすことが可能としている。

ステレオ・パワーアンプ『KAC-8452』、『KAC-7252』は、出力などのスペックを高めるとともに、回路やデバイスのひとつひとつ、端子も見直すことで、大出力・高音質化を図った。さらに、KAC-7252にはバスブーストワイヤードリモコンを搭載しているため、手元で簡単に操作が可能。

価格はレシーバーのL707が4万7250円、パワーアンプのKAC-7252が3万2250円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集