【デトロイトモーターショー05】ホンダ ピックアップ のフレーム構造

ホンダはデトロイトモーターショーで、同社として北米初となるピックアップモデル『リッジライン』を発表した。北米のトラック市場初参入のホンダには既存のプラットフォームが無い。そこで、ホンダが出した答えが「ユニ・フレーム構造」の採用だ。

自動車 ニューモデル モーターショー
【デトロイトモーターショー05】ホンダ ピックアップ のフレーム構造
  • 【デトロイトモーターショー05】ホンダ ピックアップ のフレーム構造
  • 【デトロイトモーターショー05】ホンダ ピックアップ のフレーム構造
  • 【デトロイトモーターショー05】ホンダ ピックアップ のフレーム構造
  • 【デトロイトモーターショー05】ホンダ ピックアップ のフレーム構造
  • 【デトロイトモーターショー05】ホンダ ピックアップ のフレーム構造
ホンダはデトロイトモーターショーで、同社として北米初となるピックアップモデル『リッジライン』を発表した。

ビッグスリーを始め、トヨタ、日産など、フルサイズトラックをラインナップしているメーカー各社は、ボディとは独立した完全なラダーフレームを持っているが、北米のトラック市場初参入のホンダには同様のプラットフォームが無い。

そこで、ホンダが出した答えが「ユニ・フレーム構造」の採用だ。モノコックのフロア部分に、完全なボックス断面のフレームと、7つのクロスメンバーを新たに組み合わせたことで、平均的なラダーフレームに比べ20%もの軽量化に成功。

255馬力の3.5リットル/V6エンジンや、5ATやVTM-4WDシステムといったパワーユニットの他、サスペンションコンポーネント、ドア、インテリア等は既存のSUV『パイロット』と共有するが、フレーム部分では実に93%が新開発。

1/2トン積みの荷台や、5000ポンド(約2.3トン)のトーイング性能など、トラックとしてのヘビーな使用にも耐えられる仕様となっている。
《ケニー中嶋》

編集部おすすめのニュース

特集