新型マツダ プレマシー を宇品工場でラインオフ

自動車 ニューモデル 新型車

新型マツダ プレマシー を宇品工場でラインオフ
  • 新型マツダ プレマシー を宇品工場でラインオフ
マツダは21日、宇品第2工場で新型マツダ『プレマシー』(海外名=マツダ『5』)の生産を開始し、第1号車をラインオフしたと発表した。

量産第1号車は国内向けで、国内では来春の発売を予定している。新型プレマシーは欧州、北米など各市場に順次導入する予定。

新型プレマシーは5月に再開した宇品第2工場で、新型車として初めて量産開始するモデルとなる。ラインオフ式典では、井巻久一代社長兼CEOをはじめ、役員21人と社員約700人が出席した。

新型プレマシーは、誰もが余裕をもって扱えるサイズのボディに、乗員全員が快適なコミュニケーションを楽しめることを重視した室内空間の確保を目指したミニバン。

マツダは工場の火災の影響で宇品第一工場の操業再開の目途はついていない。現行のプレマシーは宇品第1工場で生産していたが、新型から宇品第2工場で生産するため、生産に影響を受けなかった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集