【インプレ'04】両角岳彦 トヨタ『ポルテ』 クルマとしての基本構築をはずした一台

試乗記 国産車

【インプレ'04】両角岳彦 トヨタ『ポルテ』 クルマとしての基本構築をはずした一台
  • 【インプレ'04】両角岳彦 トヨタ『ポルテ』 クルマとしての基本構築をはずした一台
自動車というものを深く理解していない、実態は素人でしかない企画者が、机上とスタジオであれこれ「便利そう」を積み上げた素案。それをそのまま製品にしてしまったのが最大の問題。

剛性も重量も左右非対称、重心高も上がる「片側スライドドア+フラットフロア」。その基本的弱点を消す設計努力はとくになされず、走りそのものがフラフラ、不安。助手席側側面衝突の安全を含め、細部に目が配られていない。

エンジンもトヨタ流に実用域が決定的に非力。『ラウム』とともに「買ってはいけないクルマ」最右翼であり、トヨタの企業姿勢が問われる存在。

■5つ星評価
パッケージング:☆☆☆☆☆
インテリア/居住性:★☆☆☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:☆☆☆☆☆
オススメ度:☆☆☆☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》

特集