【新型BMW M5 海外試乗】その4 滑走路でなければ本領発揮は味わえない!?…河村康彦

自動車 ニューモデル 新型車

【新型BMW M5 海外試乗】その4 滑走路でなければ本領発揮は味わえない!?…河村康彦
  • 【新型BMW M5 海外試乗】その4 滑走路でなければ本領発揮は味わえない!?…河村康彦
  • 【新型BMW M5 海外試乗】その4 滑走路でなければ本領発揮は味わえない!?…河村康彦
  • 【新型BMW M5 海外試乗】その4 滑走路でなければ本領発揮は味わえない!?…河村康彦
  • 【新型BMW M5 海外試乗】その4 滑走路でなければ本領発揮は味わえない!?…河村康彦
  • 【新型BMW M5 海外試乗】その4 滑走路でなければ本領発揮は味わえない!?…河村康彦
“紳士協定”によって装着されるスピードリミッターのお陰で、カタログ上の最高速度は250km/h。が、「それをはずせば実際には330km/hが可能」(!)と、あのポルシェ『カレラGT』と同一の最高速スペックを誇る新型『M5』のフルのパフォーマンスは、いかにアウトバーンを誇るドイツであってもそう簡単には味わうのは困難——というわけで国際試乗会の場に用意されていたのは軍の滑走路を用いた特設セッション。ここで、フル加速や最高速(ただしリミッター付き…)を存分に味わってもらおうという趣向だ。

それならば、とばかりとアクセルペダルを床まで踏み込んでみると、当然ながらこれが呆れるほどに速い。従来型に対し最大で変速速度を20%速めたという第3世代のSMGは、確かに電光石火の勢いでポンポンとアップシフト。さまざまな周波数の音色を織り交ぜた特有のV10サウンドの高まりとともに、目くるめく勢いで速度が高まって行く。乗り心地は可変ダンパーをコンフォート側にセットしてもソフトとはいいかねるが、それでも「セダンとしては常識的な範囲」という印象。少なくともランエボやインプレッサよりはずっとしなやか感が強いことは間違いない。

M5に速度感応式の可変ギア比ステアリングの“アクティブステア”は採用していないが、ステアリングギア比自体が小さな設定で操作量に対する動きはかなりクイック。それにしても、何ともスーパーな走りのパフォーマンスを備えた究極のスポーツセダンが、この新型M5という印象である。
《河村康彦》

編集部おすすめのニュース

特集