【東京モーターショー04】新型マツダ プレマシーは走りに自信

自動車 ニューモデル 新型車

【東京モーターショー04】新型マツダ プレマシーは走りに自信
  • 【東京モーターショー04】新型マツダ プレマシーは走りに自信
  • 【東京モーターショー04】新型マツダ プレマシーは走りに自信
  • 【東京モーターショー04】新型マツダ プレマシーは走りに自信
  • 【東京モーターショー04】新型マツダ プレマシーは走りに自信
  • 【東京モーターショー04】新型マツダ プレマシーは走りに自信
  • 【東京モーターショー04】新型マツダ プレマシーは走りに自信
  • 【東京モーターショー04】新型マツダ プレマシーは走りに自信
  • 【東京モーターショー04】新型マツダ プレマシーは走りに自信
東京モーターショー(プレスデイ:11月2日、一般公開:3−7日、千葉・幕張メッセ)に参考出品される、来春に発売予定の新型『プレマシー』。

「6+One」パッケージコンセプトと呼ばれる、7人乗りのシートアレンジや新たに採用したスライドドアなど見所は多い。

その新型プレマシーの開発責任者でプログラム開発推進本部の福永賢一主査は「新型プレマシーのポイントは、「6+One」のパッケージやスタイルはもちろんですが、走りにも自信があります」とコメント。

「エンジンや足回りのパーツは『アクセラ』から流用しているものもありますが、シャシーのベースとなるフロアパネルは新設計しています。スプリングやダンパーのチューニングに関しても時間をかけて煮詰めています。走りの良さは50m走っていただければ分かっていただけると思います」と走りに関しては、並々ならぬ自信を見せていた。

では、ライバルとなるクルマは、同じスライドドアを採用するトヨタ『アイシス』や、日産から発売される予定の『ラフェスタ』になるのだろうか。

それについて福永氏は「新型プレマシーのライバルは、トヨタ『ウィッシュ』やホンダ『ストリーム』になると考えています。新型プレマシーは、エンジンは2.0リットルと2.3リットルになりますが、全長はウィッシュよりも短いですから。価格に関してもウイッシュの1.8リットルに対抗できる価格にしたいと思っています」とコメント。

新型プレマシーはライバルのウィッシュやストリームに対し、ひとクラス上のエンジンを搭載し、優れた走行性能を武器に激戦のミドルサイズミニバン市場に挑むようだ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集