【インプレ'04】松下宏  BMW『1シリーズ』 走りにフィーチャーしたコンパクトハッチバック

試乗記 国産車

【インプレ'04】松下宏  BMW『1シリーズ』 走りにフィーチャーしたコンパクトハッチバック
  • 【インプレ'04】松下宏  BMW『1シリーズ』 走りにフィーチャーしたコンパクトハッチバック
実質的には『3シリーズコンパクト』の後継モデルともいえる存在だが、独立した1シリーズとして開発が進められた。このクラスでもあえてFRの駆動方式を採用するのがBMWらしいところで、それによるシャープなハンドリングや軽快なフットワークなどはBMWならではのもの。乗り降りに苦労するくらいに狭い後席も、こうした走りの気持ちよさのためと割り切って考えるべきクルマだ。

試乗したのは最上級グレードの“120i”だが、このエンジンの気持ちよさも特筆もの。吹き上がりのスムーズさやトルク感とともに、アクセルワークに素直に反応する自然なフィールが気持ちよさを感じさせる。6速ATの変速フィールも上々だし、マニュアル操作したときのレスポンスも文句なしだ。

全車ランフラットタイヤ仕様となるほか、17インチタイヤを履くスポーツパッケージの装着車だったこともあって足回りはかなり硬めの印象だったが、操縦安定性のレベルも極めて高い。価格もかなり高めの設定ながら、走りや装備・仕様を考えたら納得モノだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集