三洋電機、ダイムラーとハイブリッド車用電池の共同開発

自動車 ビジネス 企業動向

三洋電機、ダイムラーとハイブリッド車用電池の共同開発
  • 三洋電機、ダイムラーとハイブリッド車用電池の共同開発
三洋電機はダイムラークライスラーのメルセデスベンツ部門と、ハイブリッド自動車用二次電池の共同開発に向けた検討を開始することで合意したと発表した。

三洋電機はハイブリッド車の市場拡大をにらみ、すでにフォード・モーターの『エスケープ・ハイブリッド』にバッテリーシステムの供給を開始しているほか、ホンダともハイブリッド車用高性能二次電池の共同開発を行っている。

三洋電機はダイムラークライスラーに、すでにメルセデスベンツ『Aクラス』の燃料電池自動車用二次電池としてニッケル水素電池を供給している。ハイブリッド車の二次電池開発でもダイムラークライスラーと組むことで欧州でのハイブリッド車市場の拡大に対応した事業体制を整える。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集