【東京モーターショー04】ハイゼットハイブリッド、新型ボディで市販

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京モーターショー04】ハイゼットハイブリッド、新型ボディで市販
  • 【東京モーターショー04】ハイゼットハイブリッド、新型ボディで市販
  • 【東京モーターショー04】ハイゼットハイブリッド、新型ボディで市販
  • 【東京モーターショー04】ハイゼットハイブリッド、新型ボディで市販
  • 【東京モーターショー04】ハイゼットハイブリッド、新型ボディで市販
  • 【東京モーターショー04】ハイゼットハイブリッド、新型ボディで市販
2002年より公道での実用走行試験を開始していた、軽自動車初の商用車ハイブリッドカーの『ハイゼットハイブリッド』が、いよいよ市販化に向けて大きく動き出した。

今回の東京モーターショー(11月2日−7日、千葉・幕張メッセ)では、年末にフルモデルチェンジを受ける新型ハイゼットカーゴにハイブリッドシステムを組み込んだ、市販に近いモデルが登場する。

ハイゼットハイブリッドはカーゴの660ccエンジンに、トヨタ『エスティマハイブリッド』と同じ薄型フロント用モーターを、エンジンとトランスミッションの間に搭載している。モーターの厚さは、わずか120mm。

車両重量はシステムとバッテリーを合わせて120kgの増加となる。バッテリーはリアシートの座面下に収まっているので、カーゴスペースを大きく犠牲にはしていない。

モーターの出力は9.4kWで、エンジンの出力が37kW、合わせて46.6kWとなり、馬力に換算すると軽自動車の規制枠いっぱいの、およそ64馬力になる。燃費は、ノーマルのハイゼットカーゴに比べて約3割も向上し、リッターあたり20kmを超えるという。

ダイハツ工業E・HV開発部長の北村晏一氏は「このハイゼットハイブリッドは、来年夏の市販化に向けてテストを繰り返しています。今まも10台で約10万kmのテストを行いましたが、問題はありませんでした」という。

さらに、「これは私の希望ですが、価格は200万円を切り、初年度は300台ぐらいは販売したいと思っています」とコメント。軽カーゴといった実用車に、ハイブリッドカーの技術が導入される日も近い。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集