【東京モーターショー04】ダイハツでFF対FR戦争勃発!?

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京モーターショー04】ダイハツでFF対FR戦争勃発!?
  • 【東京モーターショー04】ダイハツでFF対FR戦争勃発!?
  • 【東京モーターショー04】ダイハツでFF対FR戦争勃発!?
  • 【東京モーターショー04】ダイハツでFF対FR戦争勃発!?
第38回東京モーターショーのテーマは「ワンダフルスモール未来系」。地球環境を考える上で、スモールカーが時代の本流になってきた現代社会で、ダイハツが全力で開発した新しい商用車や福祉車両を紹介する。

その中でも注目は、2台の軽自動車カーゴ。ひとつめは『FFC』(Future Figure of Cargo)とネーミングされたFFの軽貨物車。そしてもう一台は、『FRC』(Future Reformed Compact Cargo)と呼ばれる、こちらも軽自動車カーゴ。

これらの2台は車名はそれぞれのテーマの頭文字が付いているが、その車名が表すように、駆動方式がFFとFRで分かれている。FFCではFFのメリットを活かした低床設計のカーゴとなり、FRCではエンジンがシート下に収まるために、優れた室内長を誇るカーゴに仕上がっている。

つまりFFとFRのそれぞれのメリットを生かした、軽自動車カーゴのコンセプトカーを出品し、お互いに利点を競い合っているようにも見える。この2台のクルマがダイハツブースで目玉。是非それぞれを見比べてもらいたい。

他にも年末にフルモデルチェンジが予定されている、『ハイゼット』のカーゴや軽トラックも先行発表される。そして、その新型ハイゼットにハイブリッドシステムを搭載した、軽商用車初の実用化ハイブリットカーや、タントやミラの福祉車両なども出品される。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集