【インプレ'04】河村康彦 BMW『1シリーズ』 パッケージング重視でないのは確信犯的

試乗記 国産車

【インプレ'04】河村康彦 BMW『1シリーズ』 パッケージング重視でないのは確信犯的
  • 【インプレ'04】河村康彦 BMW『1シリーズ』 パッケージング重視でないのは確信犯的
最新BMW車らしく見た目はちょっとばかりヘンだが(?)、乗るとビックリの快感マシーン! 2シータースポーツの『Z4』以上に“人とクルマの一体感”が色濃く、まさに「クルマを着る感じ」の自在なドライビングフィールを味わわせてくれる。

BMW自慢のエンジンは、これまでのモデルでは「ATとの組み合わせで乗るとそのよさの50%は吸い取られてしまう…」という感じだったが、6速ATを手に入れたこのクルマの場合にはそれが30%くらいにまで減ってくれたいう印象。

最新BMW車の一員らしくこのモデルもサイドウォール補強型のランフラットタイヤを装着するが、乗り心地的には「BMW車の中にあって、初めて何とかランフラットを履きこなしてくれた」と受け取れるしなやかさも具現させている。

いっぽうで、ボディサイズ(とくにホイールベース値)の割に後席居住空間は狭い。確信犯的フロントミッドシップ・パッケージングの採用もBMW的。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集