【インプレ'04】こもだきよし フィアット『パンダ』 感じよくて、疲れないデキのよいシート

試乗記 国産車

【インプレ'04】こもだきよし フィアット『パンダ』 感じよくて、疲れないデキのよいシート
  • 【インプレ'04】こもだきよし フィアット『パンダ』 感じよくて、疲れないデキのよいシート
まず、肌触りのいいシート地が魅力。クルマに乗っているときに一番触れているところといえばシート。さらにちょっとカラフルなのも乗る楽しさを倍増させてくれる。

また、クラッチペダルがないMT=セミオートマチックの出来がいい。オートモードでもあまり引っ掛かり感じずにシフトアップしてくれるし、マニュアルシフトもストレスなく、コツなく手軽に操作ができる。これなら混雑した街なかでもラクだし、キビキビ走れるだろう。エンジンのトルク特性とクラッチ操作とシフト操作のプログラムがちゃんとマッチしている証拠だと思う。

バックレストが高いシートは座りやすい。室内高が高いからシートバックを低くして広く見せる必要もないし、フラットにしてベッドにする必要もないからシートバックを高くできるのだ。これがラクに座れて長時間でも疲れない。シートのハイトコントロールが付いているのはいいが、座面だけなのが残念。シートバックと一体で動いて欲しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


こもだきよし| モータージャーナリスト
クルマ好きというより運転が好きなモータージャーナリスト。日本自動車ジャーナリスト協会副会長、BMWドライバー・トレーニングのチーフインストラクター、JAF交通安全委員会委員、警察庁各種懇談会委員などを務める。
《こもだきよし》

特集