【インプレ'04】日下部保雄 フィアット『パンダ』 乗って、走って、楽しいコンパクトカー

試乗記 国産車

【インプレ'04】日下部保雄 フィアット『パンダ』 乗って、走って、楽しいコンパクトカー
  • 【インプレ'04】日下部保雄 フィアット『パンダ』 乗って、走って、楽しいコンパクトカー
『パンダ』のキーワードは楽しい! である。初代ほどのインパクトはないが相変わらずイタリアのクルマらしく陽気で明るい。

とくに上級グレードの“パンダ・プラス”は大きなガラスサンルーフに透過率の高いサンシェードを持ち、とっても明るい室内がいい雰囲気だ。今年の暑い夏でもエアコンはじゅうぶんに効いたから、酷暑でも心配ナシ。

またトランスミッションはセミマニュアルの5速で、クラッチペアルは持たないタイプだ。オートモードもあるので渋滞でも苦にならないだろう。

パワーはパンダをキビキビと走らせるにはじゅうぶんで、サスペンションもシンプルだが比較的、乗り心地もいい。

コンパクトカーとしてなかなか楽しい仕上がりになっているのだが、外観は意外とオーソドックス。もうちょっと遊びゴコロが欲しいところだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》

特集