【インプレ'04】下野康史  BMW『1シリーズ』 コンパクトなボディにギュッと詰まったBMW味

試乗記 国産車

【インプレ'04】下野康史  BMW『1シリーズ』 コンパクトなボディにギュッと詰まったBMW味
  • 【インプレ'04】下野康史  BMW『1シリーズ』 コンパクトなボディにギュッと詰まったBMW味
これが本当のBMWミニ。幅は3ナンバーだが、スロープしたルーフのせいもあって、後ろから見るとかなり小さい。そのわりに“濃い”デザインは好きずきだが、ボクは大好き。

フロント・ミドシップのエンジンと、FRレイアウトのおかげで、操縦感覚はレスポンシブで伸びやか。FF駆動のMINIの窮屈な乗り味とはぜんぜん違う。やっぱりFRは贅沢です。

欠点は荷室の狭さ。ホイールハウスに蹴られて、背もたれ左右の端っこがラウンドしたリアシートも、3シリーズのようにゆったりとはしていない。2+2のコンパクト・スポーツワゴンと考えたほうがいいかも。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


下野康史| モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。
《下野康史》

特集