【インプレ'04】熊倉重春 BMW『1シリーズ』 自己主張したい向きのコンパクトカー

試乗記 国産車

【インプレ'04】熊倉重春 BMW『1シリーズ』 自己主張したい向きのコンパクトカー
  • 【インプレ'04】熊倉重春 BMW『1シリーズ』 自己主張したい向きのコンパクトカー
ヨーロッパの最激戦区であるCセグメントに「上」から乱入したBMWの新兵器。最近のBMWファッションそのものの外観と、このクラスで唯一の縦置きエンジン+FR方式でプレミアム性を叫ぶ。

たしかに重厚感もたっぷりだし、ギュ〜ッと攻めたときの姿勢変化も自然。総合的に見ると現行3シリーズよりレベルが高いかも。これなら「21世紀の主役は小型車」といわれる風潮の中で、ビッグセダンに乗ってきた人々を改宗させる力もありそうだ。

ただし、よいことばかりではない。このサイズで縦置きFRにこだわった結果、やはり後席は広くない。乗り降りにもサイドシルやBピラーが足先の邪魔をする。

シャシーにもわずかながら改善の余地あり。16インチ装着のノーマル系はステアリングの切り始めに曖昧な手ごたえが残るし、17インチのスポーティ仕様な無駄な突き上げというより“持ち上げ”感が目立つ。

それでも「ワタシ、普通とは違うのよ」の自己主張にはピッタリの選択だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。
《熊倉重春》

特集