【トヨタF1】最後と最初のレース…日本GP

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

3日、「F1日本GP直前!スペシャル走行イベント in MEGA WEB」が行われ、ドライバーや首脳陣が公開インタビューに臨んだ。

オリビエ・パニス選手、ヤルノ・トゥルーリ選手は、1レース限りとはいえ、1999年のプロスト・チーム以来、久しぶりにチームメイトとなる。2人のドライバーは、鈴鹿に向けての豊富を次のように語った。

パニス:「ぼくにとって鈴鹿はとても大事。チームのためにはぜひポイントを上げたいので、それを目標に走りたい」。

トゥルーリ:「ポイントを得るのが一番大事なことで、一生懸命やっていきたい。ただ、まだ作戦とかは僕にとっては早い。まず最初に走ることが大事だと思う。このチームに入って最初のGPだから、クルマに慣れること、それからチームを知ることも大事。そしてこのGPをフィニッシュできればと思う」。

木下氏と高橋氏は、鈴鹿に参戦する二人のドライバーに対する希望を以下のように語った。

木下美明:「パニスはF1でたぶん最後のレースになるから、悔いのないレースでフィニッシュしてもらいたい。トゥルーリはトヨタで最初のレースだから、思いっきり早さを追求してほしい」。

高橋敬三:「オリビエにはなるべく上位でフィニッシュしてもらいたい。ヤリノは限界ギリギリまで攻めて欲しい」。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集