【パリモーターショー04】日産 トーンはアルメーラ後継

自動車 ニューモデル モーターショー

【パリモーターショー04】日産 トーンはアルメーラ後継
  • 【パリモーターショー04】日産 トーンはアルメーラ後継
  • 【パリモーターショー04】日産 トーンはアルメーラ後継
  • 【パリモーターショー04】日産 トーンはアルメーラ後継
  • 【パリモーターショー04】日産 トーンはアルメーラ後継
  • 【パリモーターショー04】日産 トーンはアルメーラ後継
  • 【パリモーターショー04】日産 トーンはアルメーラ後継
  • 【パリモーターショー04】日産 トーンはアルメーラ後継
日産がパリモーターショーで発表した『トーン』は、日本で先に発表された『ノート』の欧州版コンセプトモデル。現行『アルメーラ』(日本名『パルサー』)の後継モデルとなる予定で、英国のサンダーランド工場で、年間10万台程度を製造することになっている。

販売戦略の位置づけでは、主に1−2人搭乗を前提とし、お洒落なユーザー向けの『マイクラ』(日本名『マーチ』)に比べ、ノートは、アクティブなヤングファミリーを対象としている。

マーチのBプラットフォームをベースに、ロングホイールベース化。欧州ではBセグメントのポジショニングだが、2600mmのホイールベースはフォルクスワーゲン『ゴルフ』のそれより20mm長い。それでいて全長は4mをわずかに超えるのみに抑えられている。

トーンのヘッドランプはノートと同じ丸形が用いられているが、グリルは『ムラーノ』の流れを汲んだ「ダブルデック(2階建て)4スロット」のクロームタイプを採用。ノートとは大きくイメージの異なるフロントマスクは、今後、欧州ニッサンの主流となるもの。

LEDを埋め込んだテールランプはブーメラン型でCピラーの上部(ルーフ)までをカバー。テールに向かい、アーチを描くように下がってゆくルーフラインをもちながらも、リアシートの居住性を広く取ることにに成功している。
《ケニー中嶋》

編集部おすすめのニュース

特集