トヨタ ハイエース、レジアスエースの受注が好調

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ自動車は、8月23日に発売した新型『ハイエース』/『レジアスエース』の受注台数が発売から1カ月間で、月販目標の3.5倍の1万4500台になったと発表した。

新型ハイエース/レジアスエースは、8月23日に発売した。9月22日までの1カ月間の受注台数は1万4500台となり、月販目標の4100台の3.5倍になった。内訳はハイエースが1万500台、レジアスエースが4000台。

同社によると広い荷室、使いやすさ、スタイルなどが好評で、法人、個人とも幅広い支持を受けたとしている。

受注したうち、最新の排出ガス規制に対応したディーゼル車の比率が70%を占めた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集