アルパイン「F#1 Status」、最高の音を追求した新製品

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
アルパインは、車室内の最高の音を追求したフラッグシップモデル「F#1 Status」(エフナンバーワンステータス)の次世代ニューシステムを発表した。11月から12月中旬までに発売する。

次世代ニューシステムは、高音質をさらに磨いたDVD/CDヘッドユニット、独自のマイクロダイナミクス思想を進化させて新開発した最高速DSP搭載の新マルチメディアマネージャー、音へのこだわりを徹底追求した独立D/Aコンバーター、高画質ワイドVGAインダッシュモニターの計4モデルを中核に据えた。

DVDオーディオを含む高音質デジタルサウンドから最新フォーマットのサラウンドまで、オーナーライフに合わせて最高の音を楽しむフルシステムが完成したと、している。

価格はヘッドユニットが23万1000円、マルチメディアマネージャーが24万1500円、コンバーターが8万4000円、モニターが16万5900円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集