その名は『アイゴー』…トヨタがチェコで作る小型車

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ自動車は23日、PSAプジョー・シトロエンとの合弁事業としてチェコで生産予定の小型車の車名を、『アイゴー』と発表した。『ヤリス』(日本名『ヴィッツ』)の下に位置する小型車で、2005年以降、年産10万台規模で生産される。

アイゴー(Aygo)は、「アイ」(I=私)と「ゴー」(go=行く)という意味をかける。個人の足となるようなクルマ、という商品企画を示唆するもの。

トヨタは同時に、04年の欧州市場における販売目標を86万台から90万台以上に引き上げた、と発表した。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、PSAとの合弁生産車『B0』を05年初めから生産 画像 トヨタ、PSAとの合弁生産車『B0』を05年初めから生産
  • 昨日はチェコで棟上げ、今日はポーランドで鍬入れ!! ---トヨタ自動車だよ 画像 昨日はチェコで棟上げ、今日はポーランドで鍬入れ!! ---トヨタ自動車だよ
  • 【トヨタ・ポルテ発表】PSAとの合弁モデル? 画像 【トヨタ・ポルテ発表】PSAとの合弁モデル?
  • カヤバ工業、チェコに進出 画像 カヤバ工業、チェコに進出
  • アイシン、チェコの生産体制を強化 画像 アイシン、チェコの生産体制を強化

特集