【BMW 1シリーズ発表】コンパクトセグメントに参入

自動車 ニューモデル 新型車
【BMW 1シリーズ発表】コンパクトセグメントに参入
  • 【BMW 1シリーズ発表】コンパクトセグメントに参入
  • 【BMW 1シリーズ発表】コンパクトセグメントに参入
  • 【BMW 1シリーズ発表】コンパクトセグメントに参入
  • 【BMW 1シリーズ発表】コンパクトセグメントに参入
BMWジャパンは、プレミアムコンパクトカーのBMW『1シリーズ』の予約注文を10月9日から受け付けると発表した。BMW初のコンパクトカーで、最近のこのセグメントでは初めてFRを採用した。価格は288万8000円から。

1シリーズは、排気量1.6−2.0リットルのコンパクトカーで、BMWとして初のセグメントとなる。コンパクトセグメントでは、初の後輪駆動レイアウトを採用した。理想的な重量配分50:50で、操縦安定性を向上した。

エンジンは、バルブトロニック直列4気筒エンジンを「118i」と「120i」に搭載した。また、全車6ATを搭載した。新設計ボディと新設計サスペンションにクラス初の5リンク・リアサスペンションを組み合わせた。

また、パンクしても走行可能なランフラットタイヤを全車に標準装備してスペアタイヤを排除した。

価格は「116i」が288万8000円、118iが324万5000円、120iが366万5000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集