ホンダ、「持ち上がりフード」で歩行者に対する衝撃低減

エコカー 燃費
ホンダ、「持ち上がりフード」で歩行者に対する衝撃低減
  • ホンダ、「持ち上がりフード」で歩行者に対する衝撃低減
  • ホンダ、「持ち上がりフード」で歩行者に対する衝撃低減
  • ホンダ、「持ち上がりフード」で歩行者に対する衝撃低減
  • ホンダ、「持ち上がりフード」で歩行者に対する衝撃低減
ホンダは24日、歩行者との衝突時にボンネットフードを持ち上げてエンジンルーム内の空間を確保し、歩行者の頭部衝撃を低減する「持ち上がりフード」を新開発した、と発表した。

「持ち上がりフード」は、バンパー内3カ所に設置されたセンサーと車速センサーの情報から、歩行者との衝突を判断すると、アクチュエーターを作動させボンネットフードの後部を約10cm持ち上げる。

これにより、エンジンなどの堅い部品とフードの間に空間を確保し、歩行者の頭部傷害を軽減する。「持ち上がりフード」の採用により、ホンダ自身の測定値で、頭部傷害HIC(Head Injury Criteria)を約40%低減した。

ホンダは1998年発売の『HR-V』より歩行者傷害軽減ボディを採用、現在ではほとんどの車種に歩行者傷害軽減ボディを採用し、累計販売台数は300万台を超える。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • 歩行者頭部保護基準…ホンダ・オデッセイが初めて認可を取得 画像 歩行者頭部保護基準…ホンダ・オデッセイが初めて認可を取得
  • 歩行者に優しいボンネット…国交省が保安基準に導入へ 画像 歩行者に優しいボンネット…国交省が保安基準に導入へ
  • NHTSA、側面衝突時の頭部保護装置を義務付けへ 画像 NHTSA、側面衝突時の頭部保護装置を義務付けへ
  • 衝撃吸収材ドライバーズクッション新発売…オートバックス 画像 衝撃吸収材ドライバーズクッション新発売…オートバックス
  • トヨタRAV4、IIHSのクラッシュテストで最高点 画像 トヨタRAV4、IIHSのクラッシュテストで最高点

特集