【PTクルーザーカブリオ試乗】西海岸テイスト満載の4座オープン

自動車 ニューモデル 新型車
【PTクルーザーカブリオ試乗】西海岸テイスト満載の4座オープン
  • 【PTクルーザーカブリオ試乗】西海岸テイスト満載の4座オープン
  • 【PTクルーザーカブリオ試乗】西海岸テイスト満載の4座オープン
  • 【PTクルーザーカブリオ試乗】西海岸テイスト満載の4座オープン
  • 【PTクルーザーカブリオ試乗】西海岸テイスト満載の4座オープン
レトロなアメリカンスタイルを表現しながら優れたユーティリティを実現し、独身男性からファミリーまで幅広いユーザーに支持されているPTクルーザーに、電動ソフトトップを採用した『PTクルーザーカブリオ』が追加された。

『PTクルーザーカブリオ』は、もちろん『PTクルーザー』ベースだが、日本仕様のPTクルーザーとは異なる部分が多く、カブリオ用に新設計されたパーツはじつに57%にも及んでいる。

まずはボディタイプだが、これはオープンカーということもあり、2ドアに変更。そしてAピラーから後ろはカブリオ用に専用設計されており、ルーフラインは90mmも下げられ、全高は1540mmにまで下がっている。これによりウインドウの縦方向が狭まり、チューニングカーによくある、“チョップドルーフ”のようなフォルムに仕上がっている。そのほかの全長や全幅、ホイールベースは4ドアと同じサイズになっている。

そしてエンジンは日本仕様の4ドアは136ps/19.2kgmを発生する2リッター直4DOHCを搭載しているが、カブリオでは143ps/21.8kgmを発生する2.4リッター直4DOHCが採用されている。ほかにも4ドアは右ハンドルだけのモデルラインアップであるのに対し、カブリオは逆に左ハンドルだけの設定となっている。

電動ソフトトップは開閉の際にフロントガラス上部のフックを一箇所操作する必要はあるが、開閉は簡単。開閉にかかる時間は約10秒とルーフが大きい割にはスピーディに動いてくれるので、ちょっとした信号待ちでも開閉が可能だ。

リアシートも4ドアに比べれば頭上空間に余裕はなくなるが、それでもじゅうぶんに大人4人が長距離移動できるスペースが確保されている。ユーティリティは4ドア同様に使い勝手に優れている。リアシートは前方に可倒することが可能で、トランクルームとつなげてゴルフバッグのような長尺物を縦に積むことができる。

販売価格は消費税込みで333.9万円。2.4リッターエンジンを搭載し、シートヒーター付きの本革シートなど、上級装備を採用している電動オープンカーと考えればリーズナブルな価格設定。日本でも意外にヒットするかもしれない。(つづく)
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集