日本郵船、三菱自動車の優先株を引き受け

自動車 ビジネス 企業動向
日本郵船は8日、三菱自動車が発行予定の優先株のうち、25億円を引き受けると発表した。

同社は三菱自に対し、すでに0.5%を出資している。三菱自との間では完成車輸送などの取引があり「最重要顧客の一つとなっている」。このため、三菱自が策定した再建計画の推進は「当社の事業展開にとって大きな戦略的意義がある」とし、追加出資引き受けには、経済合理性があると説明している。
《編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース