日産『エクストレイルFCV』に二酸化炭素エアコン

エコカー 燃費

日産『エクストレイルFCV』に二酸化炭素エアコン
  • 日産『エクストレイルFCV』に二酸化炭素エアコン
日産自動車とカルソニックカンセイは、29日からコスモ石油に限定リース販売した『エクストレイルFCV』に二酸化炭素を冷媒としたカーエアコンを共同開発して搭載したと発表した。
 
二酸化炭素カーエアコンは、低温における優れた二酸化炭素を冷媒としたシステムで、冷房は通常のカーエアコンと同様に行いながら、暖房は冷媒の流路を切り替え、冷媒を圧縮して車室内熱交換器に流し、放熱させることでシステムを一系統化、効率的に暖房効果を高めた。
 
また、二酸化炭素の冷媒は、従来の代替フロンに比べて地球温暖化への影響が小さいことから燃料電池車の環境対応効果を高めると、している。
 
トヨタ自動車の燃料電池自動車のエアコンも、二酸化炭素エアコンを搭載している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集