自工会・次期会長、日産の小枝氏を内定

自動車 ビジネス 企業動向

自工会・次期会長、日産の小枝氏を内定
  • 自工会・次期会長、日産の小枝氏を内定
日本自動車工業会は、18日に理事会を開き、次期自工会会長に日産自動車の小枝至共同会長・副社長を内定したと発表した。

小枝氏は、5月20日の自工会の総会で正式に承認を受けて、自工会会長に就任する。任期は1期2年の予定。

従来、自工会会長はトヨタ自動車と日産自動車の輪番制だったが、2002年から、ホンダも加わって3社による輪番制に内規を変更した。現在の会長がホンダの宗国旨英会長なため、次期会長は日産。日産が小枝氏を推薦し、18日の自工会理事会で次期会長として内定した。

小枝氏は1965年に日産に入社、村山工場工務部長や英国日産に出向した後、93年に取締役、03年6月から共同会長・副社長に就任している。62歳。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集