【ジュネーブモーターショー'04速報】8年の進化……プジョー『407』

自動車 ニューモデル モーターショー
【ジュネーブモーターショー'04速報】8年の進化……プジョー『407』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】8年の進化……プジョー『407』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】8年の進化……プジョー『407』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】8年の進化……プジョー『407』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】8年の進化……プジョー『407』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】8年の進化……プジョー『407』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】8年の進化……プジョー『407』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】8年の進化……プジョー『407』
約8年を経て、ついにプジョー『406』が『407』へと継承された。切れ長の目と独特のAピラーラインが印象的。セダンとSW(ステーションワゴン)の2タイプがジュネーブモーターショーには展示された。特に、「SW」はリアシート頭上近くまで広がる、大きなクリアルーフが魅力的だ。

実車発表前に公表されているように、セダンとSWの搭載エンジンは、ガソリンが直4の1.8、2.0、2.3リットル、V6の3.0リットル。直4ディーゼルが1.6リットルと2.0リットル。
《桃田健史》

編集部おすすめのニュース

特集