ハマー『H2』の売り上げがジリ貧

自動車 ビジネス 企業動向
ハマー『H2』の売り上げがジリ貧
  • ハマー『H2』の売り上げがジリ貧
  • ハマー『H2』の売り上げがジリ貧
  • ハマー『H2』の売り上げがジリ貧
ハマー『H2』の売り上げが下降線の一途をたどっている。6カ月連続で、昨年同月と比較して今年の売り上げが減少している。GMでは頭金なしの48カ月リースをH2に対して提供しているが、それにもかかわらずH2の2月の売り上げは昨年同期との比較で21%も少ないのである。

オリジナルハマーとほぼ同じサイズながら価格はおよそ半分の5万ドルで2002年に販売が始まったH2は、発売当初は非常に人気を集めた。

しかし、車体の割に狭いキャビンスペース、ワイドなボディ、ラフな乗り心地などの点で、ハマーは「高級車」ではなくニッチでマニアックなカテゴリーに属するクルマだ。消費者もその事実に気付き始めた、ということかも知れない。

今年のロサンゼルスオートショーなどで発表されたミッドサイズの『H3』が、2005年におよそ3万5000ドルの価格で販売が始まることがほぼ確実視されていることから、H2は年産ベース3万台以下に留められる可能性が浮上している。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集