【東京オートサロン'04続報】飼ってみたい『ジムキャリー』

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン'04続報】飼ってみたい『ジムキャリー』
  • 【東京オートサロン'04続報】飼ってみたい『ジムキャリー』
  • 【東京オートサロン'04続報】飼ってみたい『ジムキャリー』
  • 【東京オートサロン'04続報】飼ってみたい『ジムキャリー』
  • 【東京オートサロン'04続報】飼ってみたい『ジムキャリー』

9日から11日まで幕張メッセにて開催された東京オートサロンには、専門学校などの学生が手がけたカスタマイズカーも展示されていた。その一つ、ニホン・オートモービル・カレッジ(NATS)が出展していた『ジムキャリー』。

千葉県にあるNATSは自動車整備科とカスタム科を設けた専門学校。敷地内に専用のサーキットまで備える。

ジムキャリーはスズキの『ジムニー』と『キャリー』を合体させカスタムされた1台。ベースは軽自動車だがボディはリフトアップさ、れサイドに大きく張り出したフェンダーとタイヤが存在感と迫力を生み出している。

しかしそのフロントマスクは可愛らしく、まるでペットの様だ。また、その顔とボディとのミスマッチは上手くまとめられている。

このクルマのコンセプトは「仕事の相棒」。場所を選ばず走破でき、荷台にはスコップや、もしものために装備された消火器もある。荷台はウッド調にカスタムされ、鉄の固まりの中にうまく溶け込み、デザイン全体の中でアクセントになっていると語る。

またカラーリングにもこだわった。ブラックとグリーンのツートンで渋さを狙い、トータルのデザインは、シブイとカワイイをプラスした“シブカワ”を目指したのだという。

このカスタムカーは約半年をかけ制作したクルマなので、出来るだけ多くの人に見てもらいたい、と学生は語った。

ジムキャリーは東京オートサロン出品車対象に開催されるカスタムカーコンテストで、コンセプトカー部門最優秀賞を獲得した。
《》

編集部おすすめのニュース

特集