【デトロイトショー'04速報】クライスラー『クロスファイア・カブリオレ』…自然

自動車 ニューモデル モーターショー

【デトロイトショー'04速報】クライスラー『クロスファイア・カブリオレ』…自然
  • 【デトロイトショー'04速報】クライスラー『クロスファイア・カブリオレ』…自然
  • 【デトロイトショー'04速報】クライスラー『クロスファイア・カブリオレ』…自然
  • 【デトロイトショー'04速報】クライスラー『クロスファイア・カブリオレ』…自然
  • 【デトロイトショー'04速報】クライスラー『クロスファイア・カブリオレ』…自然
クライスラー『クロスファイア』にとって、「カブリオレ」バージョンは、あまりに自然な進化だ。なぜならばメルセデスベンツ『SLK』とプラットフォームが同じなのだから。

しかもクライスラーから製造を委託されているのは、コンバーチブルの名車、あの『カルマン・ギア』を生み出した、カルマン社なのだから。

2年前のデトロイトショー、開発コンセプトお披露目の際、「独アウトバーンの走りと、米ルート66の開放的楽しさの融合」を高らかに謳ったクロスファイア。今回登場したオープンルーフのカブリオレには、SLKでは味わえない、よりナチュラルな遊び心を覚える。

搭載エンジンはクーペ同様に3.2リットルV6・SOHCになる。03年秋に発売され、デトロイトショー開催までにクーペは4000台強が販売されたクロスファイア。カブリオレによる販売促進効果が期待される。
《桃田健史》

編集部おすすめのニュース

特集