【東京オートサロン'04速報】未確認走行物体? エンドレスで見た

自動車 ニューモデル 新型車

【東京オートサロン'04速報】未確認走行物体? エンドレスで見た
  • 【東京オートサロン'04速報】未確認走行物体? エンドレスで見た
  • 【東京オートサロン'04速報】未確認走行物体? エンドレスで見た
  • 【東京オートサロン'04速報】未確認走行物体? エンドレスで見た
  • 【東京オートサロン'04速報】未確認走行物体? エンドレスで見た
  • 【東京オートサロン'04速報】未確認走行物体? エンドレスで見た
  • 【東京オートサロン'04速報】未確認走行物体? エンドレスで見た
エンドレスブースで見つけた謎のショーカー『PC50』。第一印象はまず「小さい!」ということ。一体どんな乗り物なのだろうか? その答えは「この車両はエンドレスが提案するまったく新しいジャンルの乗り物です」と、生産技術設計課の小林氏が教えてくれた。

実はこの車両、見た目はスポーツカーだが、上にまたがって乗る4輪バイクだという。しかも『スーパーカブ』用の50ccエンジンと『パッソル』用のモーターを使い分けるハイブリッドカー。さらに原付ナンバーを取得しており公道走行も可能だという。

「コンセプトは既存のパーツで新しいジャンルの乗り物を造る、というものです。ゆくゆくは販売することを目標にしてます。価格は検討中です」と小林氏は教えてくれた。

「このショーカーは軽自動車用の165/55/14というタイヤにそれぞれサスがついてますが、売るときはもう少し簡略化した構造になると思います。外観は昔のCカーをモチーフにしました」

「苦労した点ですか? 保安部品関係と、時間がなかったことです。製作が実質2カ月くらいでしたから」(笑)

カブなどの中古パーツを利用して安く組上げるという『PC50』。この不思議な乗り物が街にあふれる日も近いかもしれない。
《》

編集部おすすめのニュース

特集