ダイハツ悲願達成、スズキ『ワゴンR』を抜いて8年ぶりトップ

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツ悲願達成、スズキ『ワゴンR』を抜いて8年ぶりトップ
  • ダイハツ悲願達成、スズキ『ワゴンR』を抜いて8年ぶりトップ
  • ダイハツ悲願達成、スズキ『ワゴンR』を抜いて8年ぶりトップ
2003年の軽自動車の車名別販売台数で、ダイハツの『ムーヴ』が18万7545台、前年比25.7%増となり、トップとなったことが明らかになった。ムーヴがトップとなったのは初めて。ダイハツ車がトップとなったのは8年ぶり。

軽自動車の車名別販売台数では、スズキの『ワゴンR』が7年連続でトップだったが、ムーヴにトップの座を奪われた。ワゴンRの販売台数は同10.8%増の17万7151台で、ムーヴとの差は約1万台だった。ムーヴは2002年10月にフルモデルチェンジしてから販売が好調に推移した。

3位はホンダの『ライフ』(「ライフダンク」含む)で14万7007台、4位がダイハツの『ミラ』で同91.2%増の12万6604台、5位が『アルト』シリーズ(「アルトラパン」含む)で12万104台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集