【オートサロン'04出品車】レトロなマツダ『ロードスタークーペ・TS Concept』

自動車 ニューモデル モーターショー

【オートサロン'04出品車】レトロなマツダ『ロードスタークーペ・TS Concept』
  • 【オートサロン'04出品車】レトロなマツダ『ロードスタークーペ・TS Concept』
  • 【オートサロン'04出品車】レトロなマツダ『ロードスタークーペ・TS Concept』
  • 【オートサロン'04出品車】レトロなマツダ『ロードスタークーペ・TS Concept』
  • 【オートサロン'04出品車】レトロなマツダ『ロードスタークーペ・TS Concept』
マツダ『ロードスタークーペ・TS Concept』は、1.8リットルエンジンを搭載した『ロードスタークーペType-S』をベースに、エクステリアを'60年代風のレトロな雰囲気としたクルマだ。

「週末にはクラブマンレースに参戦し、帰りにはカフェで仲間と語らう。ライトスポーツエンスー向けの究極のコンセプトモデル」と銘打っただけあり、内外装ともにオリジナルのType-Sよりもスポーティネスを際立たせる。

低いルーフであるにも関わらず、ロールケージが張り巡らしてあり、お世辞にも乗降性が良いとは言えないが、コクピットへの包まれ感は充分すぎるほど。できることならこのままのカタチで市販を…。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集