【スバル『R2』発表】寸法で勝負しない---新コンセプト軽自動車

自動車 ニューモデル 新型車
【スバル『R2』発表】寸法で勝負しない---新コンセプト軽自動車
  • 【スバル『R2』発表】寸法で勝負しない---新コンセプト軽自動車
  • 【スバル『R2』発表】寸法で勝負しない---新コンセプト軽自動車
富士重工業は東京モーターショーにも参考出品されていた新型軽自動車のスバル『R2』を8日発表・発売した。竹中恭二社長は「R2は限られた軽自動車のサイズの中で、室内の広さを競うのではなく、スタイルや走り、安全性、環境といった機能に特化した軽自動車を目指し開発しました」と冒頭の挨拶で説明。

R2のサイズは全長、全幅は軽自動車の幅一杯まで使ってはいるが、全高は1520mmと最近発売された軽自動車の中では低い。全高を低く設定することで、今までの軽自動車にはないワンモーションフォルムを実現し、同時に屈曲点のないAピラーは高い衝突安全性を確保している。

ボディカラーは11色が用意されており、内装色もアイボリーとブラックの2色から好みで選ぶことができる。

エンジンは新開発の自然吸気4気筒DOHCをメイングレードの「R」に搭載し、他に『プレオ』に搭載されていたスーパーチャージャー仕様「S」と、SOHCの「i」グレードと、グレード別に3エンジンをラインナップしている。新開発のDOHCエンジンは、10-15モード燃費では量産軽自動車トップレベルの、24.0km/リットル(i-CVT車)を実現。

駆動レイアウトは2WD(FF)または4WD。トランスミッションはiとRで5MTまたは「i-CVT」、Sで「スポーツシフトi-CVT」(7速マニュアルモード付き)。

価格は86万円から140万円。売れ筋グレードと予想されるのは、R/2WDのi-CVT=112万円だ。

竹中社長は「R2の評判がよければ、他メーカーも同じように、広さ以外の価値観を持ったクルマの開発を行うのではないでしょうか」と『R2』に自信を感じさせる言葉を残した。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

  • 【大阪モーターショー】私の名前は『R2』…スバルの新軽自動車 画像 【大阪モーターショー】私の名前は『R2』…スバルの新軽自動車
  • 「スバルビジターセンター」を土曜もオープン 画像 「スバルビジターセンター」を土曜もオープン
  • スバルが新車購入資金50万円をプレゼント!! 画像 スバルが新車購入資金50万円をプレゼント!!
  • 【東京ショー2003】プロが選ぶベストデザイン…スズキ吉村部長 画像 【東京ショー2003】プロが選ぶベストデザイン…スズキ吉村部長
  • スバル、新型軽『R-2』(?)で攻勢 画像 スバル、新型軽『R-2』(?)で攻勢

特集