【東京ショー2003速報】オート三輪が蘇った?……ヨーロッパから

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京ショー2003速報】オート三輪が蘇った?……ヨーロッパから
  • 【東京ショー2003速報】オート三輪が蘇った?……ヨーロッパから
  • 【東京ショー2003速報】オート三輪が蘇った?……ヨーロッパから
自動車やモーターサイクルのメーカーから、さまざまな開発業務を受託している株式会社動研(静岡県浜松市)は、ヨーロッパのコーチビルダーが販売する商品の輸入元としても活動している。今回のカロッツェリア・コーナーでは、モーターショー初出品となる2車を展示している。

展示されている2台はどちらも3輪車。イギリスのグリナル・スペシャリスト・カーズ社が発売している『スコーピオンIII』はBMW・K1200RSのエンジンとドライブトレーンを使用したスポーツカー。130bhpを発生する1171cc直列4気筒のエンジンをキャビン後方に搭載し、乾燥重量は390〜425kgと超軽量。

屋根や幌は装着できず、ドライバーが雨ざらしになるのはモーターサイクルと同様。スコーピオンIIIは動研がインポーターとなり、BMWモーターサイクル専門ディーラーのDATZで販売されている。価格は通常モデルは420万円、リバースギア装着車が450万円。

もう1台はスイスのARMEC社が開発した『シティ・モービル』。こちらは前1輪、後2輪というかつてのオート3輪のレイアウトが採用されたコミューターで、コーナーリング時の安定性を確保するためにキャビンが左右にリーンする(傾く)のが特徴。前輪の脇にエンジンを搭載したFWDで、後輪の上は荷室になっている。

まだプロトタイプの段階だが「メカニズムは完成しており、環境さえ整えばすぐにでも量産できる状態だ」と動研の安藤英世・代表取締役は説明する。つまり資金さえあれば生産できるということだそうで、動研では現在、出資してくれる事業者や投資家を募集している。
《》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース