【新型スズキ『ワゴンR』発表】軽を代表するモデルがフルチェンジ

スズキは、軽乗用車の新型『ワゴンR』を30日に発表、同日より全国一斉に発売する。3代目となる新型は、「様々なユーザー、様々な使用シーンに対応した万能型ワゴン」を商品コンセプトに開発された。 標準仕様とスポーティな「RR」にラインナップが大別されるのは従来と同じ。

自動車 ニューモデル 新型車
【新型スズキ『ワゴンR』発表】軽を代表するモデルがフルチェンジ
  • 【新型スズキ『ワゴンR』発表】軽を代表するモデルがフルチェンジ
  • 【新型スズキ『ワゴンR』発表】軽を代表するモデルがフルチェンジ
  • 【新型スズキ『ワゴンR』発表】軽を代表するモデルがフルチェンジ
  • 【新型スズキ『ワゴンR』発表】軽を代表するモデルがフルチェンジ
スズキは、軽乗用車の新型『ワゴンR』を30日に発表、同日より全国一斉に発売する。 初代ワゴンRは、1993年に特徴的な高めの車体高に角型の外観デザインをもつ新しいジャンルの軽乗用車として発売された。累計194万3000台を販売する、軽自動車を代表するクルマの一つである。 

3代目となる新型は、「様々なユーザー、様々な使用シーンに対応した万能型ワゴン」を商品コンセプトに開発された。 標準仕様とスポーティな「RR」にラインナップが大別されるのは従来と同じ。デザインは引き続き背の高い角型モチーフを採用、いっぽうプラットフォームは新開発し、軽量衝撃吸収ボディ「TECT」など衝突安全性を向上させた上で歩行者保護にも配慮した。

エンジンは4機種、排気量はいずれも660ccで、DOHC・VVT、M(マイルド)ターボ、S(スポーティ)ターボ、そして軽自動車初の直噴(DI)ターボエンジンを搭載する。燃費は2WD・4ATで19.0km/リットル。

月間販売目標台数は1万5000台。価格は77万円(FA/2WD/5MT)から152万2000円(RR-DI/4WD/4AT)まで。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集